サービスアイテム

加工技術

技術の進化史 エンボス/デボス加工 箔押し 冷箔印刷 ニス(ニス引き) UVドリップオフワニス ロジックライトパターン ベルベットフィルム 3D立体的なエンボス加工 レーザー彫刻
タッピングによるハーフカット→タッピングによるVカット→タッピングなしのVカット



凹凸版を通して紙に圧力をかける立体的な効果を通して、重点を強調します。異なる角度&深さを駆使して、効果が異なる。



先に印刷してから、箔押しする。小面積に対して装飾効果を飾り、製品価値を増加させます。例: ロゴ



最初にホットスタンピングをしてから印刷します。 金属の質感を引き出すために様々な冷箔の色によって、広範囲の効果が可能です。 この技術は、より多くの時間、より多くのエネギーと環境にやさしいが、コストを節約することができますが、コストが高いです。



スポットコーティングは通常、艶消しコーティングが施されており、それは強調として局所立体効果を高めることができる。



この技術の原理は、凝縮したペレットを形成する異なる表面張力のために油と水との間の撥油性効果を使用して、磨耗性手触りを行うことである。



屈折光線エンボスとも呼ばれ、視線や光の角度に応じて明るさや色合いが動的に変化する細いストライプで構成されています。



ビロードのようなタッチ、柔らかい色、反射なし、豪華な質感



レイヤー効果が強化され、立体効果が向上します。



レーザー彫刻